歯列矯正・ホワイトニング

歯列矯正によくある質問

■歯列矯正の種類は?
昔とは違って色々な種類の矯正があります。

 

金属製のメタルブラケット⇒多くの人がイメージしている銀色の金属ブラケットの矯正です。
審美ブラケット⇒透明のブラケットです。プラスチック製・セラミック製などがあります。
裏側矯正⇒歯の裏側に装着する矯正です。
クリアワイヤー⇒銀色の金属ワイヤーよりわかりにくいです。
マウスピース矯正⇒透明のマウスピースです。取り外しが自由にできます。軽度の場合などの矯正。
インプラント矯正⇒歯ぐきにアンカー(杭)を埋め込みます。治療期間を短縮することができる場合が多くあります。

 

 

■費用はどれくらい?

 

歯列矯正を行っている歯科や、歯列矯正の種類によって異なりますが、60万円位~100万円位が相場です。

 

この費用に、毎回の調整費が含まれているかどうかも矯正歯科によって異なりますので、総額もかなり異なることになります。

 

別途毎回の調整費用がかかる矯正歯科の場合、矯正期間が長引くほど総額が高くなるということです。

 

初回に行うレントゲン撮影が3万円位ですが、これも矯正歯科によって異なりますし、矯正治療費の中に含まれているのかも矯正歯科によって異なります。
(私の場合は3万円でした。)

 

■マウスピースで矯正できるの?
できます。
人によっては不可の場合もあります。

 

私の場合は、リテーナー期間終了後に動いてしまった前歯を矯正するためにマウスピース矯正をしました。
しっかり矯正(歯を動かすことが)できました。

 

 

■矯正期間はどれくらい?
個人差があります。
どこか一部分だけの歯だけなど、軽度の場合は数カ月で終わることもあります。

 

2~3年で終わる方が多いようですが、長い方の場合は5年以上矯正する方もいます。
私のまわりには、小学生の頃から高校生の時まで矯正して人もいます。

 

■支払い方法は?

 

一括払い・ローン払い・矯正歯科による分割払い・クレジットカード払いなどがあります。
矯正歯科によって受け付けている支払い方法が異なります。

 

 

 

■矯正は痛いんですか?
毎日痛いということはありません。
月に1回など、ワイヤーの調整を行ったあとに痛みがでます。
痛みは数日間続いたあとに治まります。
そして、またワイヤーの調整を行ったあとに数日間痛みます。
この繰り返しです。

 

ひどい痛みの時は、頭を締め付けられてるような痛みがしました。
これも個人差があると思います。

 

 

 

■矯正期間中はいつもどおりの食事ができるの?
通常の食事ができます。
ただ、矯正器具と歯の間に、ものすごくたくさんの食べカスがはさまってしまうので、
食事の後や人と接する場合は歯磨きが必要です。

 

ワイヤーの調整などを行った日から数日間は、かなりの痛みがあるので、
噛み切ることが必要なかたい食べ物を噛むことはできません。
できる人もいるでしょうが、本当に痛いです。
痛みが強い時は、おかゆなどを食べている人もいます。
私もおかゆで済ませたことがあります。

 

 

■歯に固定装着する歯列矯正しかないの?
私が通院していた矯正歯科によると、軽度の場合ならマウスピースでの矯正ができるとのことでした。

 

■矯正器具は目立つの?
歯の表側に装着する矯正器具の場合は、それなりに目立ちます。
特に、笑った時など口を開けた時に目立ちます。
透明の矯正器具もありますが、透明のものでも至近距離からでは目立ちます。

 

また、一つ一つの歯にワイヤーを固定するために透明なゴムが使われていますが、、カレーなどを食べてしまうと着色してしまい、うっすら色がついてしまいます。

 

着色してしまってもカラーゴムよりは目立ちません。

 

 

■口の中はケガしないの?
口の中が矯正器具に慣れない最初の頃や、一番奥のワイヤーがでっぱる部分に当たる部分は
頻繁に口内炎程度のキズができてしまっていました。
個人差があると思います。

 

 

■歯列矯正をすれば絶対に歯並びがよくなるの?
「歯並びが良くなる」というのが、どんなイメージかにもよりますが、テレビなどに出ている歯のモデルさんのような歯並びに、全員がなるかといったら、ならいです。
もともとの歯の形や大きさが影響するためです。

 

■矯正期間中の歯磨きは大変?
個人的には大変でした。矯正器具を装着した写真を観てもらえば想像がつきやすいと思います。
歯ブラシが届きにくい部分が歯の全体にできてしまうので、歯磨きの時間が長引きます。
いいかげんな歯磨きでは、矯正期間中に虫歯になるリスクが高まります。

 

 

■歯列矯正は子どものうちにやっておくほうがいいの?
これも個人によります。
何を優先するかだと思います。
子どもの場合だと、歯列矯正をしていることでからかわれたり、いじめの原因になることもあり得ます。

 

なので、学校にはどんな子どもがいるかなども考慮する方もいます。

 

歯並びの早期改善を目的とするなら子どもの頃から開始するほうが良い場合もあるでしょうし、子どものうちは歯が動きやすいので、歯列矯正をして歯並をよくしても、
けっきょくリテーナー装着期間が長引くのではないかという心配もあるでしょうし…。

 

先生によっても診察の判断が異なることもよくあります。

 

その他色々と判断がわかれます。

 

■歯列矯正をするにあたって注意することはある?
複数の矯正歯科で金額面などを確認するとともに、自分に対する先生の対応は誠実と思えるか、信頼して大丈夫かなども考慮するほうがいいです。
とにかく長い付き合いになります。

 

矯正途中で先生の対応が悪いなど、不満に思うことがあっても関わらないといけませんので。

 

この他、不明な点を残したまま契約するのはやめましょう。
よくあるトラブルのなかに、「思っていたことと違った」というのがあります。
先生から特に説明はなかったけど、「たぶんこのことだな、まあいっか」など、勝手に思いこんでしまっていたことが実際には間違っていたということがあります。

 

不明な点は、しっかり質問して回答をもらっておきましょう。

 

 

■転勤予定があるけど矯正開始して大丈夫?
遠方への転勤となり、通院が難しくなる場合は転勤先の矯正歯科でおこなってもらうほうがいいと思います。

 

途中で歯科を変更するとなると、引き継いでくれる矯正歯科がみつかるのか、料金的にはどうなるのかなど問題があります。

 

 

■カレーを食べれないの?
ゴムに着色してしまうことを気にしなければ食べれます。

 

「食べれない」「食べない」と言っている方は、透明ゴムに着色してしまって汚れて見えるを避けたい方が多いと思います。
私は食べたい時に食べてました。
透明のゴムがうっすら黄色になってしまいましたが、調整日に新品に交換してもらっていました。

 

歯科によっては交換してくれないのでしょうか。
私の友達の中にもカレーを食べるのを我慢している方がいます。

 

 

■歯列矯正期間が終わったあとにリテーナー装着ってなんのこと?
歯列矯正がおわったあと、改善した歯並びを保つために、
リテーナーという保定装置を装着することになります。

 

この装着期間は、一般的には治療にかかった年数と同じ年数やることになります。

 

例えば、歯列矯正に3年かかって終わった場合、リテーナー装着期間も3年です。

 

ただ、このリテーナーは自由に着脱ができるので、食事の時や、少しのお出かけの場合等は外しておけます。

 

■リテーナー期間中に気をつけることは?
個人差があるので、具体的な時間数などは書けませんが、
良い歯並びを絶対に長持ちさせたいのであれば、外す時間数は少なくしておくほうが無難です。

 

私の場合、治療にかかった年数と同じ期間だけリテーナーをして保定期間を終えたのですが、上顎の両側(3番・4番の間)に隙間ができてしまいました。

 

これには追記するほうがいいと思えることがあるので、後日追記します。

 

 

■矯正してると恋人ができにくい?
矯正装置をしていることで口の見た目は悪くなるので、外見だけで判断してくるような人からは好かれないと思います。

 

ですが、性格などでも判断してくれる方が相手なら問題はありません。
私が高校生のころに好きになった人は歯列矯正をしていましたが、私は気にしませんでした。

 

反対に、私が歯列矯正をしている期間中に恋人ができました。

 

 

■キスできるの?
フレンチキスなら絶対に問題ありません。
ただ、ディープキスとなると、やり方によっては支障がでることがあると思います。

 

■エッチの時に問題ない?
行為の種類によっては支障があると思います。
口の中に含む行為は切り傷を負わせてしまう可能性があると思います。

 

 

■男だけど注意することある?
喧嘩は絶対にしないほうがいいと思います。
殴られた場合、口の中の矯正装置によって大きな裂傷を負う可能性があります。
歯列矯正をしていない場合でさえ、殴られると自分の歯によって大きな裂傷を負うことがあります。

 

■歯列矯正をして良いことある?
歯磨きがしやすくなるし楽になります。

 

歯磨きをしやすくなることで健康な歯を保ちやすくなります。
健康な歯を保てることで、おいしい食事を「おいしい」と実感できます。

 

私は、歯列矯正をするまえまでは、入れ歯になってしまうと食べ物の味や食感などを堪能できなくなるということをわかっていませんでした。

 

入れ歯になったって、「食べ物の味とかなんて今と同じようにわかるだろ」と思っていました。
ところが、歯列矯正が終り、リテーナー装着期間になったときに気づきました。

 

「入れ歯って、こんな感じなんだろうな」と。

 

リテーナーはプラスチックのようなものでできているのですが、これが上顎(歯の内側全体)全体に接します。

 

試しに、食事をしたことがあるのですが、食感が伝わってこないので違和感があります。

 

おいしいものを食べているはずなのに味気なく感じました。

 

元の歯並びは、歯並びが悪いと言われている某男性グループアイドルMさんのような歯並びでした。
歯磨きがしにくかったです。

 

 

歯並びがよくなることで顔の印象がとても良くなります。
周りからの印象も良くなることが多くあります。
周りからどうこうなくても、自分自身が実感できます。

 

 

 

■芸能人でも歯列矯正をしてる人はいるの?
杏さん
おぎやはぎの矢作さん
篠原ともえさん
島袋寛子さん
SUKYANDALのボーカルさん
トム・クルーズさん
YUKIさん
南明奈さん
能年玲奈さん

 

他には、歯の裏側の矯正装置をしていたと思う芸能人さんに、
本田翼さん
川島海荷さん
マツコ・デラックスさん

 

他にもたくさんいます。

 

 

 

スポンサーリンク