【動画】歯列矯正のブラケットにワイヤーを装着

【動画】ブラケットにワイヤーを装着

 

 

 

 

 

歯列矯正期間中は虫歯になりやすいと言われています。

 

なぜかというと、ブラケットやワイヤーが装着されることで、歯磨きをしにくい部分が増えるからです。

 

01分35秒あたり、ブラケットとワイヤーを固定するために、ブラケットをワイヤーで固定していますが、この時にワイヤーを内側に折り込んでいます。

 

ここにも食べかすがひっかかりやすくなるので、外食の時、肉のスジや脂身、スパゲティ、ごぼなど、大半の食べ物が矯正装置や歯に挟まってしまったり、からみついてしまったりします。

 

仕事関係の食事やデートでの食事の時など、必ず歯ブラシや歯間ブラシを持参しておきましょう。

 

最低でも爪楊枝があると便利です。

 

 

 

 

スポンサーリンク