矯正中の歯磨きの仕方(表側装置編)を動画で説明

矯正中の歯磨きの仕方(表側装置編)を動画で説明

 

 

 

歯列矯正をしていない時のように、歯の上から磨いているだけだと矯正装置が綺麗になるだけで、歯そのものを磨くことができません。

 

そこで大切なポイントは、歯と歯茎の境目にブラシを当てて細かく磨くことです。

 

一箇所で10回ぐらい磨き、横に移動してまた10回ぐらい磨くことを繰り返していきます。

 

磨く場所を順序良く進めていかないと磨けなかった箇所ができてしまうので注意しましょう。

 

前歯から奥歯に向かって磨いて、奥歯までいったらまた前歯に戻って反対側を磨くといいと思います。

 

 

矯正装置の下側の部分には、歯ブラシを斜め下から当てて磨きます。

 

歯に対して歯ブラシを直角に当てると歯が磨けないので45度ぐらいの角度で歯ブラシを当てると磨きやすいと思います。
(上の歯の場合も同様)

 

普通の歯ブラシとは別に、ワンタフトブラシ(筆のような毛先の歯ブラシ)や歯間ブラシを使うことで歯の汚れの軽減や、歯列矯正中の虫歯になる可能性を低くできます。

 

 

スポンサーリンク