歯列矯正開始の前に虫歯の治療が必要

マウスピースタイプの歯列矯正のように、いつでも自由に取り外しができるもの以外の固定装置での歯列矯正の場合、歯列矯正を開始する前には虫歯の治療を済ませておく必要があります。

 

 

歯の表や裏側に装着したままの固定器具で矯正を開始してしまったあと、虫歯を治療するために矯正装置を外してしまうと、矯正が進んでいた場合には歯が後戻りしてしまいますし、料金が増額されることがあります。

 

 

基本的には、矯正装置を一度装着したら、矯正終了までは外せないということになります。

 

 

 

もし、虫歯を残したまま矯正を開始してしまうと、虫歯の大きさや位置によっては矯正装置を外さないと治療ができません。

 

治療をしないまま放置しておくと、虫歯が進行してしまい、矯正終了後には治療のために削られる部分が増えてしまうこともあります。

 

 

虫歯を放置したまま矯正を開始してくれる歯科はないと思いますが、仮に虫歯を残したまま歯列矯正を開始しても不安が付きまとうでしょうし、デメリットしかあり得ません。

 

 

なので、歯列矯正開始前には虫歯の治療を済ませておくことが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク