歯列矯正とホワイトニングを同時にできるデス♪

歯列矯正中は汚れやすいためホワイトニングを希望する方もいます。

 

歯列矯正を開始する年齢にもよりますが、軽度の矯正であれば1年前後、長い場合で3年程度の間は器具を装着する必要があるため、昔からある歯の表や裏に装着するタイプの歯列矯正ではホワイトニングをすることはできません。

 

全くできないことはありませんが、歯列矯正器具とホワイトニングをするために使うマウスピースとの間に隙間が多くできてしまい、薬剤がうまくいきわたらないことでホワイトニングの効果はとても低くなります。

 

 

費用を考えると、無駄になってしまう可能性が高くなってしまう人が多いと思います。

 

 

そのため、歯列矯正期間中も歯をキレイにしておきたい場合は、マウスピースタイプの歯列矯正がおすすめです。

 

 

矯正によって歯が動いていく度にマウスピースを作り直していくので、ホワイトニングを行いたいとなった時には薬剤をうまく歯にいきわたらせることができます。

 

 

歯列矯正とホワイトニングを同時に行うということは費用が増えることになるのですが、歯列矯正で利用しているマウスピースを利用することで、ホワイトニング用のマウスピースを改めて作ってもらう必要がないので、この点はお得になります。

 

 

歯列矯正中は、食べた物の食べかすが器具などの隙間に入り込みやすく虫歯の原因になることが多いため、食べかすなどの汚れの方を十分に気をつけることも大事ですが、万が一、歯が汚れてしまった時にはどうしてもホワイトニングをしたいというのであればマウスピースタイプの歯列矯正がいいかもしれません。

 

 

これは矯正歯科の先生の考えや技術によって異なるのかもしれませんが、歯並びが悪すぎる場合はマウスピースタイプの歯列矯正は不可能という矯正歯科もありますので、この点も事前に確認しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク