歯列矯正・ホワイトニング

歯列矯正が終わってから注意すること

■歯列矯正終了後、リテーナー装着期間になってからの注意
一般的には、歯列矯正期間と同じ期間だけリテーナーを装着すればよいと言われていますが、人によってはこの期間だけでリテーナー装着をやめると、歯が元の位置に戻ってしまいます。

 

このサイトの管理人である私もその中の一人です。

 

上の歯は、リテーナー装着をやめたあと、両側の3番・4番などに隙間ができてしまいました。

 

現在は、上の歯はリテーナー、下の歯はマウスピースで保定していますが、下の歯の場合は、2日位マウスピースを外したままにすると一本だけ前に動いてしまいます。
動く時は、違和感があるのでわかります。

 

 

上の歯の3番と4番の歯の間の隙間ができてしまってはいるものの、これが自然な噛み合わせの位置だと思います。

 

まだ矯正器具を装着している時、この3番4番あたりに隙間はありませんでしたが、このあたりの噛み合わせが悪く、先生に訴えたのを覚えています。
先生からは「大丈夫」と言われていましたが、やっぱり大丈夫じゃなかったといことです。

 

歯列矯正の費用は、軽度の場合でも10万以上かかります。

 

一般的な場合では、歯の表側に矯正装置を装着するタイプで70万円位から、歯の裏側に矯正装置を装着するタイプは、歯の表面に装着するタイプより更に高額になります。

 

私のように歯が元の位置に戻ってしまってはお金がもったいないので、これから歯列矯正をする方は後悔のないようにご注意ください。

 

 

追記:2015年現在、歯列矯正の費用相場が安くなってきているように感じます。

 

どこの矯正歯科にするか選ぶ際に費用ができるだけ安いことも基準であれば、複数の矯正歯科に相談してみるほうがいいです。

スポンサーリンク