歯列矯正・ホワイトニング

歯列矯正のメリットデメリット

■歯列矯正のメリット・デメリット

 

メリットは?
歯並びが良くなる。

 

歯磨きをしやすくなる。

 

歯並びは良くなり歯磨きもしやすくなることで虫歯になる確率を下げることができる。

 

歯並びがよくなったことで、コンプレックスを感じることなく自然と歯を見せて笑ったり会話することができる。

 

出っ歯だった場合は、顎のラインが綺麗になる。

 

個人的には、歯並びが良くなったことはうれしいです。

 

いつも歯並びを気にしていたので気分がすっきりしました。

 

歯並びがよくなったことで、ホワイトニングの意識も高まりました。

 

 

 

デメリットは?
矯正器具を装着している間、歯磨きが大変になります。

 

矯正装置をジロジロ観てくる人がいます(気にしなければいいんですけど)。

 

食事したものが矯正装置のいろんなところに挟まります。

 

食事した後は、すぐに歯を磨くか、せめてうがいをして少しは流す必要があります。

 

特に、接客業の方は食事したあと歯磨きをせずに接客というのは無理でしょう。

 

透明のブラケットを装着していても、カレーなどを食べると色がついてしまうことがあります。

 

歯を動かすために、最少でも月1回は矯正歯科に行って調整をするのですが、この調整をした後の数日間は、痛くてとんかつなどかたいものは噛めません。
仕方ないので、おかゆなどで我慢していたこともあります。

 

 

矯正治療している間に虫歯になってしまうことがあります。

 

私の場合は、下顎の左右奥の、金属のリングをはめてあった歯に、片方に隙間があったらしく、この歯が虫歯になってしまっていました。

 

既に治療して詰めてあった歯だったので、二次カリエスっていうんでしょうか、この影響もあったのかもしれません。

 

また、もう一方は、この金属のリングを装着する時に、先生がニッパのようなもを強くあてたため欠けてしまいました。

 

この歯も治療済みの歯だったし、保険適用の詰め物だったので強度はなかったので仕方ないと思います。

 

なので、既に治療した歯がある方は、こういったことがあり得るということを覚悟しておくほうがいいです。

 

知らなかったとなると、人によっては先生の説明不足があった場合にはトラブルになりますので。

 

 

 

スポンサーリンク