歯が黄ばんだり汚れる原因

歯が黄ばんだり汚れる原因

歯の表面は、目視では確認できないでこぼこがあります。
これによって歯の表面に汚れが付着しやすくなっています。

 

さらに、歯を強く磨く習慣のあるひとや、歯の治療の際に治療器具を当てられてしまったりして表面にキズができてしまった場合、詰め物と歯の隙間がある場合は黄ばみや汚れが強くなる場合があります。

 

 

歯が黄ばみやすくなったりする食べ物

すぐに思いつくものにカレーがあります。

 

歯列矯正をしている方の場合、カレーを食べてしまうと透明のゴムがすぐに黄ばみますよね。
(黄ばまないゴムもあるのかな)

 

これからもわかるとおり、まずはカレー。

 

服に醤油やソースをこぼしてしまった場合、汚れを落とすのはなかなか難しいですよね。
醤油やソースも黄ばむ原因になります。

 

食事をしたあとにすぐ歯磨きをするのは良くないと言われていますので、直後に歯磨きというのは控えるほうがいいかもしれませんが、ホワイトニングを意識すると30分後位には歯磨きをするほうがいいと思います。

 

歯磨きができない場合は、水でゆすぐだけでも少しは効果を期待できます。

 

 

洗濯物を放置しておくと汚れが落ちにくくなることがあるのと同じように、歯に着いた汚れも時間が経つと落ちにくくなり慢性的な黄ばみや汚れの原因になりますので、食事中に水を飲みながら食べることも黄ばみや汚れを付着しにくくできます。

 

 

一回や二回実行しただけでは差はないこともありますが、長期間実行することで、黄ばみや汚れを付着しにくくできたり、ホワイトニングの効果期間を少しでも延ばすことができます。

 

 

 

歯が黄ばみやすなったりする飲み物

コーヒー
お茶
紅茶
赤ワイン
ぶどうジュース(果汁100%のものなど)

 

これらが代表的な飲み物の例です。

 

 

コーヒーや紅茶やお茶など、カフェインが含まれているお茶は黄ばみや汚れの原因になります。

 

赤ワインやぶどうジュース(果汁100%など)にはポリフェノールが含まれています。

 

このポリフェノールが含まれている飲み物も黄ばみや汚れの原因になります。

 

 

果汁100%のぶどうジュースを飲むと、歯や舌べろなどが紫色になりませんか?

 

おいしい飲み物ですが、歯の白さを維持したい場合には問題になるので、飲んだ後は歯磨きをしたり口をゆすぐほうがいいです。

 

 

 

スポンサーリンク