歯周病は危険な病気の原因になることも

歯周病というと、高齢者の方がなってしまうものだと思っている方がいるかもしれませんが、年齢に関係ありません。

 

 

日頃の歯磨きなどのケアを怠り続けると、年齢に関係なく歯周病になってしまいます。

 

 

若くても、歯や歯茎の状態が悪くなってしまうと、顔(表情)の印象が悪く見られてしまうことがあります。

 

 

出会いや恋愛にも影響してしまうことがあります。

 

 

さらには、危険な病気の原因となってしまうことがあります。

 

 

自分のためにも、家族のためにも、好きな人のためにも、日頃のケアを行いましょう。

 

 

 

歯周病が原因となる危険な病気

(可能性であり、必ずなってしまうということではありません)

 

 

心臓病&脳卒中・・・
歯周病菌がつくらてしまう毒素が血管の流れを悪くしていくことで動脈硬化となり、心臓病や脳卒中の原因となります。

 

吸器疾患・・・
歯周病菌からつくられてしまう毒素が呼吸器に入ってしまい、炎症を起こすことがありますこれが原因となり呼吸器疾患となってしまうことがあります。

 

 

早産&低体重児出産・・・
歯周病菌が羊水の中に入りこんでしまい、悪影響を起こし早産や低体重児出産の原因となってしまうことがあります。。

 

 

糖尿病の悪化・・・
歯周病菌がインスリンの働きを阻害してしまうことがあります。これが原因となって糖尿病をさらに悪化させてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連ページ

歯肉炎とは
歯列矯正・ホワイトニングなど、歯に関する情報サイトです。
歯周病とは
歯列矯正・ホワイトニングなど、歯に関する情報サイトです。