歯肉炎とは

 口のなかにはたくさんの細菌があります。

 

口腔常在菌と言われているものですが、この口腔常在菌から作られるプラークによって歯肉炎となります。

 

健康状態が良好であれば歯肉炎にはならないように口腔内のバランスが保たれています。

 

 

ですが、歯磨きを雑に行ったり、歯磨きを数日間しなかったり、食べ物によって菌が増えてしまい、口腔内のバランスが崩れると歯肉炎になってしまいます。

 

毎日の歯磨きがポイントの一つです。

 

 

 

歯磨きをさぼりがちな方などは注意が必要です。

 

 

 

症状

歯茎が赤くはれたり、歯磨きや食べ物を噛んだ際に歯茎から出血たり、歯茎が腫れたりします。

 

 

 

放置すると

 

歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎となり、最終的には歯が抜けてしまうことがあります。

 

 

 

 

軽度歯周炎→歯茎が空いてきてしまいます。

 

中等度歯周炎→歯がぐらつきはじめ、歯が長くなったように見えてきます。

 

重度歯周炎→歯がぐらぐら状態になってしまいます。

 

 

 

スポンサーリンク




関連ページ

歯周病とは
歯列矯正・ホワイトニングなど、歯に関する情報サイトです。
歯周病は危険な病気の原因になることも
歯列矯正・ホワイトニングなど、歯に関する情報サイトです。